塾の様子を漫画にしていただきました


親御様からのメッセージは宝物です!

ZOOM生さんとの授業で、とてもすてきなことが起こりました。それに最も感動したのは塾長の私でした。そのZOOM授業終了後、感動がさめやらぬうちに、ブログ記事をアップしたのです。その記事をぜひそのお子さん(小学5年生)の親御様にご覧戴きたくて、Lineメッセージにてブログにお誘いしましたら、以下のようなメッセージを戴きました。

 

*  *  *  *  *  *  

 

ブログを添付して頂きありがとうございました。

 

拝見して、先生と息子とのZOOM授業でのやり取りの全容が判明し、状況がよくわかりました。それで息子は、「だから文法が大事なんだ~」って言っていたのですね。

 

母国語である日本語(国語)は、文法を理解していなくても、コミュニケーションをとる能力は育ちます。しかし、文法が理解出来ているかどうかで、文章を書いたときの印象や説得力は全く異なりますよね。

 

息子の作文や、英語の勉強に付き合っていると痛感していたので、今日のブログは頷きながら読ませて頂きました。

 

文法と言えば…2日前にこんなやり取りがありました。

 

その日は漢字テストでした。友達と答えの確認をしながら帰ってきた息子との会話です↓

 

息子:「(しりぞく)は(退く)か(退ぞく)意見が分れたんだけど、どっちが正解?」

私:「先週、平川先生の宿題で動詞の活用やったよね。(しりぞく)はどうなる?」

息子:「しりぞかない-しりぞきます-しりぞく…」

私:「送り仮名は活用する(変わる)ところだから…?」

息子:「そっか。『退く』か!」

私:「そうだね。送り仮名は覚えたほうが良いけど、迷っても文法知っていたらわかるよね~。」

息子:「そうだ~!」

 

これも、息子には目から鱗だったようです。

 

先生のおかげで、テストの点数ではわからない息子の成長(国語力がバージョンアップされていること)が感じられ、嬉しくなって長々と書いてしまいました。

 

失礼いたしました。

 

*  *  *  *  *  *  

このメッセージの後に、さらに戴きました。

*  *  *  *  *  *  

 

日々の授業や宿題で得た知識は「点」ですが、今日の平川先生の解説は「点」を「線」なり「網」にして下さったのだと思います。

 

「点が線になる=わかった!」っていう経験は、学びの原動力で大切だと考えます。それを、あまり得意でない国語で得られたというのは、息子にとって本当に貴重な経験でした。

 

6年生から始まる歴史にも繋がるような気がします。(文法の話を例に、歴史用語の暗記だけではなく流れを理解することで面白くなる…といった話をすることが出来ます)

 

平川先生にご縁があって本当に良かったと主人とも話していたところでした。

 

国語を指導してもらえる先生はたくさんいらっしゃいますが、今日のような指導が出来る先生は限られますから。

 

感謝です!

 

して、これがそのブログ記事です。


これ、ウチの子のことちゃうかしら?

子どもさん(特に小学生のお子さん)「あるある」を挙げてみました。項目が増えていくと思われます。下のそれぞれのタイトルをクリック(タップ)すると、詳しい内容をお読み戴けます。

 

① 子どもさん、あるある?

 

② おんなじような問題やのに、ナンで?

「隙間」とは?

「覚えさせようとするから覚えないのです。」

これを聞かれた瞬間に、ほとんどのお母様は、「は?」という感じで驚かれます。

何とか覚えさせようと、あの手この手の苦心惨憺が実を結ばないのに、覚えさせようとすること自体を真っ向から否定されるのですから。それもいきなり・・・。

漢字とか英単語を「なかなか覚えられない」とか、「覚えてもすぐに忘れる」というタイプの
お子さん特有の頭脳の動きは、意外と単純なのです。

一言で表現すると、
「不完全な人間スキャナ」

つまり、その子にとっては、形を覚えさえすれば良いのです。意味とか発音を覚えてという発想自体がないのです。
目の前に出された漢字や英単語が何かのパーツの組合せに見えているのです。

ですから、その漢字の周囲にある関連事項に関してなんて関心がないのです。

漢字の意味や成り立ちを、おもしろおかしく、
お話をしながら、その漢字や英単語だけでなくて、熟語とかと合わせてリンク付けをして、何度か書かせるだけで、そのときこちらが教えたことはいとも簡単に覚えてしまうのです。

つまり、こちらのお話にいかに関心を向けさせるか。

この関心こそが、頭脳が本来持ち合わせている感情の動きです。

日本語では「関心を持つ」というように能動的な表現をしますが、英語では、「be interested in」というように受動的な表現をしますね。何かがあって、その何かに「関心を持たされる」のです。

 

関心という頭脳の動きは、ひとりでには動かない。

「動かされる」のです。

ここが塾屋稼業32年目の腕の見せ所です。

いつどこで、何をきっかけに「関心」というアンテナが反応するかは、正に未知数なのです。そこに、関心を抱かせるようなメソッドごとき枠組みは通用しない。なぜなら、それぞれのお子さんでまちまちなのですから、
一般化されたシステムとかメソッドとかに当てはめられようもないからです。

ひとり一人をある一定期間をかけてつぶさに観察し、一瞬だけ光る部分を見つける。この一瞬を平川塾では「隙間」と言っています。

 

関心を抱かれましたら、下記のニュースレターをごらんください。

よろしくお願い致します。

国語の隙間2017年バージョン

「国語の成績が思うように伸びない・・・」というご相談を、あるお母様から承り、およそ2年前に作成した8ページ構成の小冊子です。

 

中学受験を目指されている親子さんは勿論のこと、私立中学校の受験はしないけれど、地域の公立小学校から地域の公立中学校に上がったときにわが子はちゃんとついているのかどうかと心配されているお母様を対象とした内容になっています。

 

画面をスクロースしていただき、「教育相談レスキュー!」より「すきま冊子ちょうだい」と一言お送り下さい。PDFファイルで、プレゼントいたします。

国語読解ニュースレター2018年バージョン

「国語の隙間」に続く国語読解の冊子です。ZOOMオンライン(バーチャル)指導・通塾(リアル)での指導のについて、お母さんと塾長との連係プレイの様子など、指導の現場の様子をリアルに書きました。

 

 ご希望の方は、上の表紙の画像をクリック/タップし、「青枠の冊子ちょうだい」と一言お送り下さい。PDFファイルで、プレゼントします。

(画像をクリック/タップ)すると拡大表示されます。


上の「青枠の冊子」に続く、塾の様子がよく分かるニュースレターです。勉強が全然出来なかった小学生の頃の塾長が登場します。

 

ご希望の方は、上の表紙の画像をクリック/タップし、「赤枠の冊子ちょうだい」と一言お送り下さい。PDFファイルで、プレゼントします。

(画像をクリック/タップ)すると拡大表示されます。


2019年度の夏季講習をひかえて、作成したニュースレターです。ご希望の方はこの写真をクリック(タップ)して下さり、「新しい国語ちょうだい」と一言添えて下さると大変ウレシイ塾長です。よろしくお願い致します。

(画像をクリック/タップ)すると拡大表示されます。


新しいニュースレター『国語の隙間・2』

その1・その2&スキルバージョンの3冊セットです。

【内容をほんの一部分ですが、紹介させて下さい】〈「その1」より〉

10月当初:150点満点中52点・偏差値:39→1か月後:150点満点中79点・偏差値は47。

つまり、A 君の場合は1 か月という最短期間で変化が現れたことになります。

 

一方のB 君ですが、A君のような、いわゆるバーチャル通塾(ZOOMオンライン遠隔授業) ではなくて、リアル通塾のお子さんです。

 

算数や理科はとても優秀なのに国語が伸びないということで、初めてご相談に見えられたのが半年前です。その後、紆余曲折を経て結果は次のようになりました。

半年前:偏差値:33→現在:偏差値:56.3

 

それにしても結果が出るまでの期間が1か月と6 か月(半年) という大差が出て来たのは、なぜでしょうか。

 

この差は、決して能力差ではありません。では何かというと、思考回路の差、いわゆる、物事をとらえるときの「思考のクセ」の差であり、子どもさんそれぞれの思考回路の特性の違いなのです。

 

この特性を指導者である私が確実にとらえられるようになる瞬間こそが、初めて結果として出て来た瞬間なのです。そして、まさにこの瞬間が、A君とB君に対するこれからの指導方針を決めるときだと考えています。(「国語に『○△□メソッドは必要か?』」より)

その1


親御様からお声を戴いています(クリック/タップすると拡大されます)

塾外の親御様からも戴いています。

国語の隙間2-1を送って頂いたものです。
全部読ませてもらいました。ありがとうございます。
とても参考になりました。

 

思考のクセがあると言うことを知りました、参考になりました。子供にも自分と同じ感覚で勉強をさせようとしてもダメなんだなと考えさせられました。

 

そして、今日のブログにもあったようにオンライン授業なんて考えられなかったけど、それが普通になる時代もくるのかな?と思いました。(アナログの私がそんな考えを持つようになったこと自体、驚きです、笑)


その2


スキルバージョンと作文指導

作文指導を開始しました。

 「作文指導」といっても、様々です。どうせするのなら、通り一遍の作文指導では面白くないというのが、平川塾流。

 例えば、小学3年生の1000文字程度の題材文といえども、200字にまとめるとなると、そのレベルは一挙に中学1年生か2年生のレベルになることに気づいてから、中学入試の記述指導に使い始めたのが作文指導のきっかけです。

 発想が中学入試対策に基づいているので、地域の公立小学校ではほとんど実施されていない学習方法です。

 型破りなので、(地域の小学校に通う)生徒さんは、最初は「どうしようかな・・・」と迷いますが、一度そのよさを感じると、9割の生徒さんは「次もする」と言い始めて、どんどん自力で進んでいき、学校での作文も周囲のお子さんの3倍速で書けるようになり、先生の点検も一発合格だというお声を聞くことが出来るようになりました。

 下記のタイトルをクリック/タップすると、お読みいただけます。

アメブロ「200字まとめがオモシロイ?」

 

アメブロ「不思議な数字」


ZOOM生のお母様から戴いた、『国語の隙間・スキルバージョン』のご感想です。

私なりに先生のブログを1年以上読み込み込んできたので、この『国語の隙間』を読んだときは、先生がご経験された中での気付きや裏付けをさらに発展させ再考されていて、なんの違和感もなく
読み進めることができ、今は私の指南書になっています。

 

最近のコロナ関連の影響で、学校・塾ともに休校となり、そのタイミングで、塾の上位クラスを担当されている算数講師の先生が、この期間家庭教師をしてくださるという情報を得て、この2週間の間に3日間お願いすることができました。

 

わが子の算数弱点補強を目的に、

① 式や図を書かずに頭の中でこねくりまわして解く。解答が合ってはいても解き筋(解き方)が
合っているかどうまでは親として把握できない。

 

② 実際、本当に筋道を立てて(論理的に)解けているのか? 

 

①と②のの2つの視点から、算数の先生に見ていただくよう、お願いしました。

 

1日目、2日目と共通して算数の先生からのコメントは、

① 解き筋を言葉にすることができない。感覚で解いているので、どこで間違ったのかを気づけない。ちゃんと考え方を言葉で説明すること。

 

② 問題文が長くなると、途中で頭で考えたものを出してくるので、最終的に何を求めているのか
わからなくなる。その解決策として、問題に線を引いて注意すること。

 

と言われました。

 

これを聞いたときに、平川先生から頂いた『国語の隙間・スキル編』の「論理的に書くとは?」の章のことを思い出しました。

 

そこには「自分の頭の中を可視化し、解いた足跡を残すことが大事だ」と書かれています。

 

平川先生が以前、ZOOMの授業でわが子に出してくれたもので、小学2年生か3年生の算数文章題について、息子は「簡単!」と言っていた割に、実際にはすぐに解けなくて、次の授業まで持ち越しになった問題がありましたね。

 

ちゃんと解き筋(解いた足跡)を線分図で書いて文章題に取り組めば解けるはずなのに、全然解けませんでした。

 

そのときに平川先生がわが子ににおっしゃったことと全く同じことを算数講師の先生に言われて、
大変驚きました。

 

お二人の先生の共通項は
① 自分が解いた足跡を必ず残す。

 

② 自分の言葉で説明できるように書く。これが出来るかどうかは国語力の差。

 

算数の先生にご指摘されたことの答えが、平川先生の『国語の隙間』にちゃんと書いてある!

 

そのことを平川先生にお伝したら、

「算数の説明の必要な問題を授業の中に少し入れてみましょう。そして解き方を彼に説明させてみましょう。」とご提案頂いて、親の私は安堵と同時に感謝しかありません。

 

これからも引き続き、本気でわが子とと頑張ります。
これからもよろしくお願いいたします。

 

Sの母より

教育相談レスキュー!

作文指導のお問い合わせも、こちらからどうぞ!

お子様の学習についてのお悩みはございませんか。

些細なことでもかまいません。

解決のお手伝いをしています。

(相談料は無料です)

左のQRコードを読み込んで下さるか、
このQRコードをクリック/タップして下さると
お問い合わせページにつながります。

お手数をおかけしますが、
よろしくお願いします。

 

お願いがあります!

ときおりですが、折角ご相談を送って下さったのに、

メールアドレスに間違いがあり、

お届けできない場合がございます。

送信して下さる前に、今一度、ご確認をお願いします。

学習についてのご相談例

中学受験をさせたいので、大手塾に通ってますけど、国語が伸び悩んでます。先生に相談しても通り一遍の答えしか返ってけえへんし、親の私にはもうできることがなくて、かなり追い詰められてます。大手塾に通いながらでも、うちの子の特性にぴったり合わせてくれて国語の成績を上げてくれる、そんなわがままを聞いてくれる塾、探してますけど、どこにもないんですわ。

(小学6年生のお母さま)

 

うちの子と波長を合わせてもらえる先生を探してます

(小学1年生のお母さま)

⇒波長を合わせるというよりも、お子様の思考のスタンスに同調させるという感じですね。それは、音読をしていただければわかります。声に出して読む速さと考える速さが一致していないのですね。たとえば、読むスピードがまるで氷の上を滑っているように速い子がいますが、その速さで考えることができるかというと、おそらくできないことが多いですね。読むスピードと実際の思考のスピードを一致させないと、「わからない」と言ったり、的外れな答を引き出したりします。まずは、この両者を一致させるところから始めましょう。

 

ちょっと遠いのですが、それでも通塾できる方法はありますか?
(アメブロを読まれたお母さまから、ご相談を承ることが増えています)

⇒はい。ZOOMオンライン遠隔授業という方法があります。


その国語読解指導で大丈夫ですか?

大手塾の個別指導に不満や不安のお持ちのお母様へ詳しくは写真をクリック/タップして下さい)



塾歴30年の

平川塾

大阪市住吉区の長居にあります。

それで、どんな塾なん?

この塾、うちの子にどんな接し方をしてくれるんやろ?

 

塾長ってどんな人なんかな? 

 

ホンマ、どんな勉強の仕方してるんやろ?

ホンマにちゃんと うちの子のこと みてくれるん?

 

ZOOMオンライン遠隔授業って何なん?

 

アメーバブログに日々の授業風景や、塾長の考え方、得意の音楽ネタ、ZOOMオンライン遠隔授業の様子など、お役に立てる内容と解決のヒントがテンコ盛りです。まずはアメブロのロゴをクリック(タップ)して、ごらんくださいね。

大阪市塾代助成加盟塾です。

google-site-verification: google18dc131046ffbb72.html