こんなことをしています

指導例をちょっと紹介しますと・・・

上の「指導例」の文字をクリック(タッチ/タップ)すると、ご覧になれます。

特に難関大学への現役合格までは考えていないけれど、ある程度のレベルの高校へ進み、その先は関関同立レベルの大学には進学したいとお考えの方にお薦めします。

 

周囲のクラスメートよりもちょっと先に進むことで、定期考査の結果が大きく変わってきます。

 

「あまり先々まで進んでしまうと、うちの子(私/僕)だったら、もしかしたら混乱が起きてしまうのでは不安がるのでは?」「どんどん進んでゆく塾もあるけれど、うちの子私/僕)は、本当にちゃんとついて行けているのかしら(ついて行けるのかしら)?」という不安をお持ちのお母様(あなた)に、ご提案させていただいているコースです。

 

特に英語と数学は予習することが成績を上げるポイントです。ただ、英語と数学は全く性質の異なる科目ですので、その方法が、かなり違ってきます。

<数学>

中学1・2年生の場合は、現在の時点で学校授業で行われているところから予習をします。それまでのところは、季節講習時に総復習をして埋め合わします。

 

(親御様のお声)

以前のところがまだ理解できていない状態でそのようなことをすると、かえって混乱して、分からなくなるのではありませんか?

 

(お答えします)

ご安心ください。それは次の理由があるからです。

① お子様が学校授業の内容でいちばんよく覚えているの現在

 授業で進められているところです。リアルタイムで進める方が安

 心感があり、その気持ちが予習へと向かわせるからです。

 

② それでも復習をしなければいけないところが出て来ます。その

 ときは対症療法的にその部分だけをちょっと練習すれば、大抵の

 場合は解決します。それは、ちょっと以前に習ったところなので、何らかの形で記憶と

 て残っているからです。ただし、それはあくまでも一時的なことなので、夏・冬・春の季

 節講習時に復習して、確実に理解できるようにしましょう。

 

(親御様のお声)

でも、やはり以前のところからきっちりと進んだ方が、確実に理解できるのではありませんか?

 

(お答えします)

塾生をつぶさに見ていると、あることが分かります。これは数学の得意・不得手に関係なく共通することです。それは次のようなことです。

 

① 試験日前に試験範囲のことをぎりぎりで完了させた子の場合テストの点数として現れる

 のは6割から7割ほどで、実際に60点から75点あたりでで出て来ます(試験問題自体が

 やさしけれは80点になることもあります)。

 

② ①の理由から、90点を確実に取れる子は、実は、もっと先まで学習済みなのです(実際

 に2単元先を学習している生徒は、90点以上をマークしています)。 

<英語>

英語は言葉の積み重ねとして一本の線でつながっているので、数学のように計算や図形やグラフというように区切られない科目なのです。

 

ですから、お子様の進度が遅れている場合は、かなり前に戻る必要がある場合もありますが、次にこの夏休みの成功例を挙げてみましょう。

 

(この生徒の特徴)

① 単語を覚えるのを嫌がるので、(単語の)意味が分か

 らないことが多い。

② 教科書の英文を読まないので、英語の表現方法が身に

 ついていない。

 

(この生徒におこなったことと変化)

① 文法の問題集をはじめからやり直した。

② 教科書の英単語をすらすら覚えられるようになった。

 

 (その結果)

① 点数が25点アップした。

② 英語がおもしろくなってきて、文法問題集を自分からどん

 ん進みはじめ、2学期中考査のときには、復習から予習になり、期

 末考査の範囲も終わろうとしてる。

 

(親御様のお声)

教科書の英単語を覚える練習をしていないのに、どうしてすらすら覚えられるようになっているのですか?

 

(お答えします)

次の理由からです。

① 英語文法問題集で知らない英単語が現れたとき、電子辞書

 生徒に調べさせ、発音できるようにしてもらいました(電子辞書の

 方が速く調べられ、しかもネイティブ発音も手軽に再生できて、確

 かめることが出来ます)。

② そのとき単語は覚えさせませんでした。というのは、それ

 すると文法問題が進まなくなって、英語の学習が苦しくなるからです。

③ 「今は覚えなくて良い」から気が楽になりました。

④ そのうちに何度も出てくる単語が現れまが、。問題を解くたびに気づかない間に何度も書

 くことになります。

⑤ 問題集で出て来た(何度も目にした)単語がいずれは教科書にも出て来きます。そのとき

 には「初めての単語」ではなくて「なじみのある単語」になっていますから、知らない単語だけ

 を覚えればいいのと、初めて目にするはずの新しい単元の英文の意味も、辞書を調べなくても分

 かるようになります。何だかちょっぴり嬉しいですよね。この「ちょっぴり嬉しい」が、実はと

 ても大切なんです。

⑥ 「知っている単語」があると知らない単語の数が減りますから覚えるのが苦にならなくな

 ったのですね。