こんな方法で【普通の】小学生から国立大学をねらっています

算数の飛び級⇒数学の飛び級

小学4年生以上の小学生で、公立中学校への進学しトップレベルの高校受験を希望する子どもさんを対象とするコースです。

 

小学6年生から始めても大丈夫ですが、あとになるほど大変なので、出来るだけ早い時期にご決断下さるのが理想的です。その理由は、これです。

これは煽りでも何でもありません。現実です。

中学2年生の出題範囲に中に、高校数学Ⅰの不定方程式の概念が入れられているレベルです(中学1年生範囲からの出題はありません)。また、学校では3年生の9月以降に学ぶ図形分野、いわゆる「相似」と「三平方の定理」の高レベルな問題が入試問題の半分以上を占めるのです。

 

 

従来ですと、中学3年生の夏休みの終わり頃に3年生までの内容を終えていれば通用しましたが、大阪府の入試制度改変によって、この問題と対峙するために、中学3年生の1年間をかけて図形問題に対するセンスを磨き上げなければ到底間に合わないというのが現実的です。

 

そのためには、数学をどのような形で進めてゆくのかを、小学生の頃から戦略を練ってゆかねばならなくなるのです。確かに中学1年生からでも可能ではないかというお声もありますが、2年間で中学校課程の3年分をするのと、小学生の間に中学校課程に進んでいるのとでは、負担が大きく変わってきます。ましてや、中学校でクラブ活動をしながらとなると、時間があるかどうか・・・。

 

ですから、たっぷりと時間的余裕のある小学生から始めるのですね。

実際にこのコースを進んでいる塾生がいますので、現在(2017年度9月)どの辺りを学習しているのかを数学に限定して紹介します(英語と国語は中学生の部でご説明します)。

 

① 5年生2月の時点で「スーパー飛び級・算数」の第1ステージ6年生を開始。

② ①の過程を同じ年度の8月に終了。

③ 小学6年生時の9月より中学校課程の数学へと 進める。

④ 現在中学1年生。9月の時点で1年生と2年生の代数分野を終了しています。

 

下の表の「1年生・9月~12月」の一次関数をまもなく終了しますので、当初に予定していたもの(上の表)よりも幾分早まる可能性があります。

 

※ 上の表の画像をクリック/タップして下さると、拡大図が表示されます。

中学校英語過程への飛び級

中学校で学習する英語の教科書を主軸に教科書の音読・暗唱・単語の暗記などをおこない、英検3級・準2級・2級も・準1級を積極的に受け、大阪府立高校英語C問題にじゅうぶんに対応できるように進めてゆきます。

 

英語で最もストレスとなるのは、単語を覚えることです。とりわけ小学校の英語授業では、まだほとんど覚えるということは行われていません。それが中学校に進むと、いきなり大量の単語を覚えさせられるので、そのストレスは相当のものになり

ます。

 

そのようなストレス軽減と時短のために高速記憶教材(Webトレーニング:ICT教材)がお手伝いします。

 

その他に、教科書付随の塾専用教材と英文法トレーニング用の教材を使い、公立中学校に通われている方が受ける授業と同じ内容を、先取り学習をします。

 

教科書付随問題集:英単語と英語表現の定着が目的です。

英文法問題集:英語表現で重要な語順を感覚的にとらえる練習が目的です。

 

問題集(テキスト)は塾開設以来変わることなく平川塾で中学生に使用している問題集のうち、高レベルの生徒対象のものを使います。

〔英語長文問題とリスニングのトレーニングツールも充実〕

英語長文読解とリスニング用の音声データが充実しています。

 

① 入門編:教科書ガイドCDのネイティブ音読よりも遅い速度で分かりやすく、中学2年生の夏休み頃から開始します。

 

② 中級編:教科書ガイドCDとほぼ同じ速さです。進度の速い生徒なら2年生の3学期頃から開始できます。

 

③ 上級編:教科書ガイドCD・大阪府立入試のリスニング問題の読み上げよりも速く、しかも英語長文のレベルも高いです。

 

※ この①の課程の段階に遅くとも中学1年生になる前に入るのが目標です(開始時期が早ければ①の課程に早く入れます)。

※ 中学生コースでも紹介しています。

論理的で丁寧な国語読解指導

【国語】は、小学生標準コースに準じますが、1回の授業時間が長くなり、1週間の授業回数もふえるため、必然的に進度は速くなります。

 

ただし、国語は算数や数学のように一足飛びに進めない性質をもっています。それは、まさにお子様の成長と同様です。どっしりと腰を据え、じっくりと取り組むことで、深くたくましい思考力を育んでゆきます。

 

「スーパー飛び級・国語」については、下記の「小学生標準コース」のロゴをクリック/タップして下さると、そのページに繋がります。よろしくお願いします。

 

【小学生普通コース】

【平川塾の国語学習のコンセプト】

平川塾の最大の特長は、とにかく細かく丁寧なことです。

特に国語の指導はその中でも群を抜いていて、漢字指導も止める・払うなどの指導も徹しておこなっています。

 

① パターン化された問題を大量に解かせるのではなく、良書や優れた文章に触れ、自国の言葉の表現力の多様性や美しさを感じ取り、言葉を大切にする大人になるための躾をすること。

 

② ①を習得することで、他国の文化や考え方を尊重できる大人になること。

「スーパー飛び級」がもつ正しい意味合いはもちろん先々へ進む「飛び級」もあれば、生徒それぞれの学力や思考パターンによっては生徒の学年にこだわらず、思い切った「逆飛び級」も出来、どの学年の学習も、「いつでも・どこからでも」出来るということにあります。

 

ですから、生徒を鞭打つように、いたずらに先々へと強引に進めているわけでは決してありませんし、クラブ活動を禁止したり、その他の習い事を制限したりすることもありません。

お問い合わせ・ご相談を承っております。お気軽にどうぞ。

メモ: * は入力必須項目です