算数が苦手のあなたに

単位の変換と「0」のやり取り。

大人でもアタマ痛いのに・・・


小学5年生のK君。

なかなか理解が出来ません。


単位の変換や

「0」のやり取りの弱い子どもさんには、

次のような教え方も「あり」かと思いますが、

いかがでしょうか。


1㎡=10000㎠ 

1㎢=1000000㎡


これは理解できる子も多いのですが、

アタマが痛いのが、この逆です。


1㎠=?㎡

1㎡=?㎢


そこで、登場させるのが、

「さかさ10000」と「さかさ1000000」。


「10000」を「0」から逆さまに書くと「00001

「1000000」も同じように書くと、「0000001」。


つまり、

1㎠=0.0001㎡

1㎡=0.000001㎢


次に、問題によって2つのパターンに分かれます。


① 0.007㎢=?㎡


0.000001 ㎢

0.007000 


  次に、「7」の前にある「0.00」を消します。


答えは 7000㎡

   (コツは、左端にそろえることです。)


② 7000㎡=?


まず、1000000㎡を書き、

   今度は、右端にそろえて7000と書きます。


1 000000 ㎡

0.007000 ㎢

  

   次に、ピンクの部分のように書きます。


1 000000 ㎡

0.007000 ㎢

  

   最後に、赤い部分の「0」を消せば・・・   

   答え 0.007㎢


このように書くと、小難しいのですが、

生徒の横で書きながら説明すると、

大抵の子は、


「えっ? こんなやり方 あるのん?」と目を丸くします。


特に、「だから算数はキライ」というあなたには、オススメの方法です。

実は、他塾の先生からも、

「目からウロコがはがれる思いだ」と驚かれた方法なんです。


お試しあれ。(^_^)v