英語が出来ないのではなくて・・・

ご無沙田をしております。

 

やっと時間が出来、

書きたいことが浮かんできました。

 

中学2年生のS君。

教科書の英文音読を終え、

いざ教科書準拠の問題集をしてもらったのですが、

しばらくすると、停止。

 

それからは、ずっとかたまっています。

 

なかなか質問をしない子なので、

助け船を入れるタイミングを見計らいながら、

後ろからそっと覗いてみると・・・

 

和訳が出来ないでいるのです。

 

このタイプの子、最近増えましたね。

 

高校3年生でも、

「ナンでそんな和訳になるの?」というような日本語訳を、

わりと平気でしてきます。

 

このS君。

整文序列問題、いわゆる、日本語に併せて、

ランダムに並べられた英単語を、

意味が通じるように並び替える問題が

何度練習しても出来ません。

 

この原因は、

まず、何が主語かを分かっていないからです。

 

というのか、「主語」が何か分かっていないレベルなので、

てんで話になりません。

 

とにかく、

主語が何たるかから説明せな(しなければ)アカンのです。

 

これって、英語力じゃなくて、国語力、日本語力。

 

 

日本語が日本の国語であるように、

英語は英語圏の国語なのです。

 

同じ国語つながり。

 

生まれも育ちも違うけれど、同じ人間同士のごとく、

生まれも育ちも成り立ちも違うけれど、

その国々の根幹にある言語同士なのだから、

幹になるところはおなじです。

 

そこに気づいていない子が多くて、

親御様もまた然り。

 

「ウチの子、英語が出来ません」は本当ですか?

 

確かに出来なくなってはるんですが、

その前に、日本語は大丈夫ですか?

 

自分の考えをきっちりと文に出来ますか?

敬語はちゃんと使えますか?

 

子どもさんが話される言葉のレベルが

幼なくはありませんか?

 

でも、修復が出来ます。

その修復に取りかかる時期は、

年齢が幼いほど、修復期間も短くてすみます。

 

そのラインは、小学3年生と4年生の間です。

経験則ですが断言できます。