やっとここまで来られたね~スーパー計算第1課程修了~

本日(2月13日・土)私立受験組のK君、
スーパー計算第1過程(1,085題)を

修了しました。

 

初めはちょっとゆっくりと進めたので
4か月かかりました。

最近は1回の授業で2~3枚をこなすので、
同じ13日より始めた第2過程(1,085題)は、
もう少し短い期間で終わると思います。

今度、月曜日に、
ファイルと一緒に、「修了証明書」を手渡します。
写真では横並びで写していますが、
「証明書」はファイルの中に忍ばせておいて、
表紙を開いたときのサプライズにします。

前の塾で置いてきぼりにされて自身をなくしていたK君。
これをきっかけに、もっともっと自信を持ってほしいと思います。

 

このスーパー計算ですが、

第1過程が小学4年生

第2過程が同5年生

第3過程が同6年生という設定です。

 

しかしながら、レベルが高くて、

初めの方はスイスイ解けて行くのですが、

現役の公立小学校6年生の学校のテストで

平均的に60点前後の力の子どもさんだと、

第1過程ですら、途中で音を上げてしまいます。

 

K君は現在小学5年生(間もなく6年生になります)。

1年ほど前にある塾さんから転塾してきた生徒です。

 

全体的におっとりした感じの子どもさんで、

お世辞にも勉強が好きとは言えません。

 

そういうこともあって、レベルの高い教室に通っていたものの、

その塾で1年間も指導放棄をされたのに近い状態で過ごしていたそうです。

 

その様子を見かねた親御様よりご相談を受けたのが、

およそ1年余り前でした。

 

前の塾になれるのに1年を要したくらい、

人見知りの強いお子さんだと伺ったとき、

果たして上手くやってゆけるだろうかという、

一抹の不安をぬぐいきれませんでしたが、

 

持ち前の私のソフトな雰囲気の接し方で進めていった結果、

わずか3か月で私の塾になじんでくれました。

 

これには親御様が大変驚かれ、

「驚異的な速度でのなじみ方」とまで仰ってくださいました。

 

いよいよ来年は受験です。

第3過程は、見せかけは小学6年生の計算式ですが、

考え方や概念は中学3年生に近いものがあります。

 

これを今年の夏休み終了時までに終わらせて、

いよいよ入試対策に入る予定です。

 

第1課程修了のときの様子は

アメーバ・ブログ『りゅうじんさまの ちゅうがえり』で

「これが君の○○だ」というタイトルで記事を挙げております。

 

よろしければ、下記URLにて、お立ち寄りくださいませ。

 

http://ameblo.jp/ookuninushi51/entry-12128409469.html