英語○○授業に強い味方が登場しました。

中学生全学年に、本格始動。

「新兵器」が

塾生に正式デビューしました。

 

それは、発案から1年をかけ

試行錯誤しながら作り上げてきた

英語反転授業のツール

「英単語動画」と

「教科書英語本文の動画」です。

 

1年ほど前に他塾さんから転塾してきた生徒がいるのですが、

平川塾にやってきた当初は、

1年間その塾さんに通っていたはずなのに、

英語単語の発音が全く分からない状態にまでなっていました。

 

このように申し上げると、

「どうせサボっていたのでは?」というお声が飛び出しそうですが、

実は大変まじめで、とにかく我慢強くてストイックな子なので、

そういう状況になっているのが、初めは理解できませんでした。

 

(その理由は

 Amebaブログ「結果が出ました」にアップしておりますので、

 よろしければ、ご一読ください。)

 

英語の成績がなかなか上がらず、とにかく大変だった生徒ですが、

学年末で40点前後だった英語の成績が突然上がり、74点をマークしました。

 

その学年末考査間の学習期間に使ったのが、

「英単語動画」と「教科書英語本文の動画」。

 

本人も驚くほどの結果を出せたことを受けて、
今年度より、本格的に全学年に採用することにしました。

 

その生徒の言葉を借りると・・・

① 単語を覚えるとき、この動画の流れに乗ることで、

  覚えるときのストレスを感じなくなった。

② ストレスを感じずに覚えるので、忘れにくくなった。

③ 英語本文の動画を見て、本文の音読ができるので、

  復習だけでなく、予習が出来るようになった。

④ 学校の授業で音読をするとき、

  周囲の同級生よりもすらすら読めるようになったので、うれしい。

⑤ 授業がとてもわかりやすくなった。

⑥ 前もって単語を覚えていて、本文も読めるようになっているので、

  問題集を解くときもスムーズに出来る。 

「単語動画」は、英単語は

「ネイティブ発音5回+日本語1回」で

ワンクールとし、

各単語ごとにそれが繰り返される

というように、

かなり強い作りにしました。

 

「教科書英語本文の動画」も同じで、

音読するように仕向けるために、

「本文のネイティブ発音は3回+和訳は1回」をワンクールに、

こちらも強い作りにしました。

 

① これは単なる予習の手助けシステムではないよ。

② そういう使い方をすると、成績は下がってくるからね。

③ くれぐれも、使い方を間違えないようにね。

④ 単なる映像教材ではないからね。

⑤ 自分でどんどん工夫して、すてきな発想で使ってね。

 

 

塾生と一緒に一生懸命

作ってきたツールなので、

これから使ってくれる

生徒の皆さんには、

正しい使い方をし、

最大の効果を発揮してほしいと思っているので、

この意識付けに、

毎日奮闘しています。^^

 

塾舎では、タブレット4台とPC 4台で対応していて、

近々Youtube にも限定公開し、

ご家庭でもお手持ちのスマホやタブレット、

それにコンピュータにダウンロードして使ってもらえるようにします。

 

生徒の評判は上々、もちろん上々です。

これからもこのような利器を作っていきますので、
上手に利用して、すばらしい結果に結びつけてほしいですね。

 

(著作権の関係で磨りガラスっぽくしています。見づらくてすみません。)

(上の写真は、英単語がフェードアウトしていくところです。)

 

 

 

ちなみに、平川塾の地区は
中学1年生のみNew Horizon
中学2・3年生は、リニューアルしたNew Crown です。