「スーパー飛び級」算数・第1級に合格

私立の小学校に通っているK君(6年生)、
本日ただ今(6月11日・土)、スーパー飛び級・算数第1級をK君(6年生)が終了しました。

 

最後の進級試験ですが、3度目の正直でした。

 

もっとも、現在は一段階難しい「スーパー飛び級」の算数を進行中です。

中学入試レベルに近いものもあり、苦戦していますが、先日、算数だけ実施される中間テストで、65点を取りました。

 

なかなか点数が上がってこない子だったのですがここへ来て、一気に20点近く上がったのと、仲の良いお友達にいつも負けていたのに、今回はそのお友達にも勝ちました。

 

じわじわとスーパー飛び級の効果が現れてきています。

 

とにかく国語が苦手なので、こちらはスーパー飛び級の国語を2週間前から始めました。

 

国語の読み取りは大概いやがる子なのですが、

スーパー飛び級の国語は嬉々として学習しています。

 

スーパー飛び級を始めたのは3月の20日頃からですが、まだ3か月を経ていないのです。
それなのに、もう随分と長くしているように感じます。
それだけ中身が濃いのでしょうね。

 

ちなみに、K君は、4年生内容から始めたので、
2か月半で3年間分を修了したことになり、学校授業の進度も追い越してしまいました。

 

その進度の速さは、まさに「スーパー・エクスプレス・700系のぞみ」です。^^;

 

これをきっかけに、もっともっと自信をもってくれたらとっても嬉しい平川です。

 

よろしければ、

「スーパー飛び級・フォト&コメントギャラリー」もご覧ください。